わたしたちは九州を『本の島』にしたい、と考えています。本が好きな人が飛行機に乗ってでも訪れたい、そういう場所にしたいのです。
そのために、伽鹿舎の本は九州限定にしました。九州でしか、伽鹿の本は売りません。ぜひ、買いに来てください。
出版業界が斜陽といわれて久しく、しかしこれからも、文化としての文藝は廃れはしないでしょう。
ならば非営利で、残したいものを大切に取り扱っていく、そういう文藝出版社として、伽鹿舎は未来を目指します。

伽鹿舎QUINOAZ

■ライブラリー版(160mm×180mm)
目を引くカバーの折り返しが目印。

 昨日から、明日へ。
 繋げ、残したい本を、刊行して行こうと、そう決めました。
 本は、いつでも過去から未来への橋渡しです。わたしたちは、必ず昨日と明日のはざまを生きています。
 その、傍らに。
 寄り添い、手渡されていく伽鹿舎QUINOAZであるように。願いと期待と希望をこめて、一冊ずつお届けします。

文藝誌 片隅

■隙間時間を贅沢時間に。読切短編のみの文藝誌

『片隅』というのは、日本の『片隅』です。
もっと本屋が主役になる町をつくりたい。もっと本屋が多彩になるよう、書き手を応援していきたい。もっと中央、そう、東京でない場所から文藝シーンを作り出していきたい。
『片隅』はその最初の一歩です。
──片隅は、そこに立てば中心になる。
ここから届けたい『ことば』があります。

伽鹿舎cerf

■誰かの人生は、それ自体が文学だ。

どなたにでもお持ち込みいただける自費出版プランです。全面的な編集やライティングでご協力いたします。全国流通可能。お気軽にご相談ください。
・前金半額、刊行時に残額支払いで、著者分の部数をお渡しします。
・全冊著者分、新書、文庫、単行本、などなど、ご希望に合わせられます。
【参考例】新書140頁全文ライティングあり1500部 売価千円 負担額75万円から

伽鹿舎ひなた文庫

■南阿蘇の小さな駅舎で本を。

日本一長い駅名で知られる南阿蘇水の生まれる里白水高原駅には、すてきな本屋さんがあります。
『ひなた文庫』と名付けられたこの駅舎の本屋さんは、 村でたったひとつの本屋さんです。
店主お二人と伽鹿舎とで、ここでしか買えない文庫を作りました。
星降る夜も、冷たい靄の朝も、湧き水溢れるこの場所で、そっと本を読みましょう。きっといつかまた来る汽車を待ちながら。

単行本・特装版

■宝物を、残したい。

眺めているだけでも嬉しくなるような、その中身にいちばん相応しい装丁で送り出したい。丁寧に作っていきたい。
ページをめくる時間は、ただ字を追う時間ではなく、はてない宇宙を自在に旅する体験にほかなりません。
本には、手触りがあります。ページをめくる時間があり、開いた瞬間に、めくった瞬間に目に入る字面から受けるイメージがあります。書かれた物語は同じでも、読む人の数だ け、物語は違っています。
紙で作った、本であるからこそ出来る読書体験を、どうかすべての人に。それは色褪せない宝物になり、生きていくための知恵と勇気と武器になります。

WEB

■わたしたちは、ここに居ます。

ここから、わたしたちの丸ごとを差し出して、たくさんの『ことば』をお届けします。
伽鹿舎の取組を、新しい本のお届けを、包み隠さず全部ここから差し出して、日本中のあちらこちらに、『そこでしか手に入らない』本が増えていくことを願っています。
本は、これからもなくならない。
なくならない本をたくさんの方に知っていただくために、このページがあります。
少しずつ少しずつ。
歩いていく鹿の足跡を、ぜひ追い掛けて来てください。

Product

Check out our latest projects.

Coming Soon

Magazine

Our latest posts and rants.

About Us

This is what we are.

週末出版社『伽鹿舎』はスタッフ全員が本業を別にもっている非営利の文藝出版社です。
文字通り、週末の休日のみを最大限活用して出版活動を行っています。

Meet The Team.

Yamashita Takao
Representative Director
グエル書房/熊本マンガミュージアム
Maehata Fumitaka
Representative Director
ゆふいん文学の森
Matsui Yusuke
Representative Director
H.A.Bookstore
Deer’s
Editor,Designer,etc...

Comrade

What our clients are saying.

ひなた文庫

ひなた文庫Minamiaso

「九州を本の島に」という志を応援しています! 九州、伽鹿舎、でしかできない試み期待しています。

ブックスキューブリック

ブックスキューブリックFukuoka

この出版社はとてもユニークで、地元の書店を元気にするという壮大な目標と、“九州だけしか流通させない”という強いポリシーを掲げています。本をより多く買ってもらうための取り組みで、書店の活性化へと繋げているのです。

Our Work Process.

Planning.

現在のところ、伽鹿舎の出版はご縁のあった方からのご提案に支えられています。
著者、翻訳者、編集者。どなたからのお申し出もすべて検討させていただきます。
伽鹿舎の編集メンバーが「欲しい」「残したい」と思った本は原則として刊行計画がスタートするのです。
フリーの編集者さんからのお持ち込みもお待ちしています。流通させるためのプラットフォームとして、どうぞ弊舎をご利用ください。

Design.

「凝った本を作りますね」「目立ちますね」「変わった形!」などなど、伽鹿の本には様々な声をいただきます。
娯楽が増え、生活にセンスを求める昨今、本は、ただ読めるだけでは手にしていただけないと考えました。
手元に置きたくなる、誰かに見せたくなる、眺めて、持っていて嬉しくなる本であること。わたしたちは、物としての本の価値をとても大切に思っています。

Distribution.

伽鹿の本は九州限定。九州の本屋さんに元気でいて欲しくて、九州の人にもっと本に触れて欲しくて、全国の人に九州に足を運んで欲しくて、そう決めました。
目標部数を達成した後は、『残したい本』を広く知っていただく事に重点を移して全国解禁しています。
こんな不思議な流通を、熊本ネットさんに、そして全国解禁後はHABを通して新刊取次の八木書店さんに支えていただいています。

Funds. 

取引銀行は地元肥後銀行、資金は日本政策金融公庫でお世話になっています。
利益追求を目的にしない伽鹿舎では、絶版や流行を追った出版を行わないため、新刊や重版の都度、初期費用が掛かり、どんなに回収できる本しか出版せずにいても、長期戦になってしまいます。
伽鹿舎の試みに賛同くださる個人・企業のみなさまに、ひろく賛助を募ります。ぜひ、一緒に走ってください!  

Contact Us

Get in touch with us.